アパートやマンションを賃貸し、入居する時に必ずといっていい程、支払わなければならないのが敷金です。この敷金をめぐって様々なトラブルに巻き込まれてしまうことが多々あります。そんなトラブルを回避する為にも、退去する際の立会い時に気をつけておけなければならないポイントをいくつか押さえておいてくださいね。まず、立会いの前に契約書を一度よく確認してみて下さい。賃貸契約書には、退去際の物件明け渡し期日までに原状回復をしなくてはいけないという義務について記載があるんです。実は、この原状回復義務にたいする貸している側と借りている側の認識の違いが、敷金返還トラブルになる事が多く多々あるのです。退去時の立会いの際、入居時の家の中の状況をあなた自身がよく把握しればいいのですが、なかなかそうもいかないのが現実なのですね。壁の破損やフローリングの日焼けなど、普通の生活を送っていても出来るような損耗などは賃貸人の負担となり、犬や猫などの壁の引っかき傷や食べ物・飲み物のシミなど、自己の責任で出来るような傷などは借りている側の負担になるなどの基礎的な知識を身に着けておいて下さい。上記で原状回復義務の話をしたはずですが、これは入居時の状態に100パーセント戻さなくてはいけないと言った意味ではありませんから、これも立会いの際に頭に入れておくと良いですね。退去する前に、如何に丁寧に掃除をするかによってはも、大家さんや管理会社の担当者の判断は変化するものですから、立会う前の掃除も忘れずにしておいて下さいー